Tokyo International Clinic

ドック後のフォローアップ体制FOLLOW-UP SYSTEM

早期発見・早期治療を目指し精度の高い検査を行う当院では、全体の64%の方に検査後何らかの異常が見つかっています(2016年10月現在)。
その際には迅速かつ最善の治療を行うため、万全のサポート体制で皆さまの健康をお守りいたします。

東京国際クリニックでのケア

各科の専門医が多角的にサポート

東京国際クリニックは院長高橋が専門とする循環器科をはじめ、消化器科、呼吸器科、脳神経外科、婦人科、形成外科など、各科の専門医が集結する人間ドック中心のクリニックです。ドック受診後、万が一、病気が見つかった場合には、検査結果を元に、各科の専門医が多角的な視点から、受診者さまお1人おひとりにあった最善の治療方法をご提案いたします。
*定期的な人間ドックをお受けいただくことにより、前回のデータから内容を比較・分析し、受診者さまの健康状態の推移をトータルでチェックしていきます。

抗加齢医学の観点から疾病予防と早期治療を実現

抗加齢医学とは、加齢に伴う動脈硬化やがんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学です。当院では抗加齢医学会の専門医が、血管、ホルモンレベル、感覚器管(視覚・聴覚・味覚・触覚など)の老化度から将来かかりうる病気を早期発見、早期治療、生活指導を行うことで、疾病予防を実現することが可能となります。
受診者さまの生活の質(QOL)の向上のために、食事やサプリメント指導、運動指導を行うための専門医たちが身体の内側からアプローチすることに加えて、外側からは形成外科(美容外科や毛髪再生治療など)によるアンチエイジングに取り組むなど、両側からアプローチしています。

アンチエイジングについて

保健師や管理栄養士も交えた生活改善へのフォロー

生活習慣の改善は、自分ではなかなか難しいものです。当院では、医師だけでなく、健康指導を行う保健師や食事の栄養バランスをアドバイスする管理栄養士などの専門スタッフがしっかりと伴走しサポートいたします。さらに、「RIZAP(ライザップ)」をはじめとする外部パートナーとの取り組みも行っています。運動力学や栄養学の理論に基づいたトレーニングを提供するライザップと当院がタッグを組むことで、生活習慣病の予防と改善の観点からよりアクティブで若々しい身体作りのサポートをいたします。

紹介医療機関との連携について

人間ドックを通して精密検査や手術が必要な場合には、最適な医療機関をご紹介いたします。受診者さまの検査情報や治療経過を詳細に他医療機関と連携し、最善の治療を行うために、ドック受診後のフォローアップ体制を整えております。

紹介病院実績はこちら

  • 東京大学医学部附属病院
  • 国立がん研究センター中央病院
  • 聖路加国際病院
  • 虎の門病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 日本医科大学付属病院
  • 東京医科大学病院
など