Tokyo International Clinic

Metabo Chart(メタボチャート)Metabo Chart

突然死を引き起こす「超悪玉コレステロール」。
コレステロールには、善玉、悪玉のほか、超悪玉があるのをご存知ですか?
コレステロールは血液中に存在する脂質の一種で、細胞膜やホルモンの原料として必須の物質です。血液中ではリポタンパク質と呼ばれる粒子により運ばれますが、その中のLDLという粒子が全身にコレステロールを届ける役目を果たしています。LDLは「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、これが増えすぎると、その中のコレステロールが血管にたまり動脈硬化を引き起こします。
LDLより小さい小型LDL粒子に含まれるコレステロールは、「超悪玉コレステロール」と呼ばれ、身体に重大な弊害を引き起こすことがわかってきました。
小型LDL粒子は、血管壁にもぐりこみやすく、酸化されやすい特徴があります。動脈硬化を非常に強く促進する物質のため、メタボリック・シンドロームなどの潜在的なリスクを把握するためには、「超悪玉コレステロール」に注目することが大切です。

検査方法 採血
検査結果 約10日
料  金 15,000円(税別)
  • この検査で分かること

    血液中の超悪玉コレステロールを詳細解析し、メタボリック・シンドロームの進行リスク、動脈硬化の発症リスクを早期判定

  • こんな方におすすめ
    • 血圧の高い方
    • コレステロールの高い方
    • タバコを吸う方
    • メタボリック・シンドロームの方
    • お酒をたくさん飲まれる方
    • 高カロリー、脂っこい食事がお好きな方

この検査が入っているドックはこちら

※オプション検査としてもお受けいただけます