Tokyo International Clinic

VFD療法VFD THERAPY

つらい関節の痛みの緩和や、より早期に治癒が求められる外傷の治療には、医療の高い専門性が求められます。
東京国際クリニックでは、医師としてイタリアの名門サッカークラブ「ACミラン」に留学経験もある
スポーツドクターとして著名な齋田良知医師を招聘し、新しい治療法である「VFD療法」を整形外科領域に導入しました。

「関節炎や関節痛」の一般的な治療法

従来、加齢に伴うひざ関節の炎症や痛みには、内服薬やヒアルロン酸の注射による治療「保存的治療」と人工関節などを入れる「手術による治療」しか方法がありませんでした。毎日痛みに耐えながら、それでも「手術は嫌だ」と我慢を強いられている患者さんも少なくありません。

自己血液を用いた治療法とは

いま、ご自身の血液や脂肪などを活用した関節治療=PRP療法が注目されています。私たちの血液中には「組織修復」と「抗炎症(痛みや腫れの緩和)作用」をもつ血小板が存在しています。PRP療法は、血液から血小板を多く含む成分だけを抽出・加工したPRPを、痛みのある部位などに注入して細胞の成長や増殖を促すという治療法で、既に全国の大学病院でも行われています。今回、順天堂大学の齋田医師の研究講座と細胞を精製している企業との共同研究により、PRPに含まれる成長因子をより高濃度に濃縮することに成功し、従来のPRP療法やPFC-FD療法の効果を更に高めた「VFD療法」を開発しました。こうした自己血液を使用した治療法は、タイガーウッズ選手や大谷翔平選手らスポーツ選手のけがの改善にも採用され一躍注目を集めています。 ※順天堂大学病院と連携するごく限られた医療機関でのみ治療を受けることができます。(国内6施設 2021年11月1日現在)
※VFD=Valuable Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry

VFD療法の特徴

1.成長因子をより高濃度に濃縮

PRPに豊富に含まれる成長因子を高濃度に濃縮し体に戻すことにより、患者さん自身が持つ修復力や自然治癒力をサポートします。

2.高い組織修復作用・抗炎症作用

血小板が本来持っている組織修復作用と抗炎症作用 を濃縮させたPRP療法。そのPRPをさらに高濃度に濃縮して組織修復作用と抗炎症作用を格段に高めたVFD療法。

3.すぐに治療可能なフリーズドライ

VFD療法はフリーズドライ(凍結乾燥)しているため、事前に血液を採取して精製しておけば、痛みが出たり傷を負った際、すぐに治療が可能です。

4.副作用が少なく安全・安心

患者さんの自己血液から細胞を精製するため、副作用も少なく安全で安心な治療法です。

5.専門医が担当

医師としてイタリアの名門サッカークラブ「ACミラン」に留学経験もあり、Jリーグジェフユナイテッド市原のチームドクター、なでしこジャパンのチームドクターも務めたスポーツドクターとして著名な齋田良知医師が担当いたします。

齋田良知医師
  • Doctor Profile
  • 2001年順天堂大学医学部医学科卒業
  • 同 年順天堂大学整形外科・スポーツ診療科入局 2007年 医学博士号取得
  • 2015年イタリアIstituto Ortopedico Galeazzi及びACミランへ留学
  • 2018年順天堂大学整形外科講師
  • 2019年順天堂大学整形外科准教授
  • 2020年順天堂大学スポーツ医学・再生医療講座 特任教授に就任

こんな症状でお悩みの方に

ひざに違和感があるが同じ治療を続けても効果が得られない方

テニスなどで肘関節を痛めた方

肩関節の痛みや炎症と診断されてさまざまな治療法を試している方

VFD療法の効果

治療後、約6割の方が関節の痛みから解放 VFD療法による治療後の経過は、関節の変形状態によって個人差がありますが、約6割の方が関節の痛みから解放されています。

治療の流れ

料金

VFD細胞精製費用  275,000円 VFD細胞施術費用  33,000円
 お申し込み・お問い合わせ先  (月~金、第土曜日 9:00~18:00)  03-5220-3377
 お申し込み・お問い合わせ先  (月~金、第土曜日 9:00~18:00)  03-5220-3377

他の治療のご案内